生殖免疫の話

早川智, 佐藤和雄 著

[目次]

  • 第1章 免疫学の中の生殖免疫学(胎児はなぜ拒絶されないのか-メダワー卿の仮説から
  • 胎盤の免疫学的隔離機構-HLA‐Gの発見とその役割
  • 脱落膜のリンパ球 ほか)
  • 第2章 生殖免疫と疾患(習慣流産の免疫療法と遮断抗体
  • 梅毒反応と抗リン脂質抗体症候群
  • 梅毒の話 ほか)
  • 第3章 生殖遺伝学と生殖免疫学(有性生殖の利点
  • 胎生の進化
  • HY抗原?ZFY?SRY?哺乳類の性決定機構 ほか)
  • 第4章 歴史の中から(アン女王と習慣流産
  • 胞状奇胎と妊娠-マーガレット伯爵夫人の悲劇
  • カストラートの話 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖免疫の話
著作者等 佐藤 和雄
早川 智
書名ヨミ セイショク メンエキ ノ ハナシ
出版元 診断と治療社
刊行年月 1999.12
ページ数 147p
大きさ 18cm
ISBN 4787811029
NCID BA45372839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想