トクヴィル

ジャック・クーネン=ウッター 著 ; 三保元 訳

自由主義と民主主義の本質とその限界を見抜き、今日の大衆社会論への道を拓いた政治学者、トクヴィル。本書は、社会学上の画期的名著『アメリカの民主主義』と『アンシャン・レジームとフランス革命』を新たに読みなおし、トクヴィルの鋭い分析と思索の歩みを明快に描き出す。トクヴィル入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 トクヴィル、同時代の明敏な証人(生涯と業績-生涯をかけた業績
  • 両義性と情熱
  • 明晰さと公徳心)
  • 第2章 トクヴィル、体系的な探求者(さりげない厳密さ
  • 核心となる概念
  • 概念化と観察 ほか)
  • 第3章 トクヴィル、賢明な比較論者(理想型と比較分析
  • 比較分析と対照過程
  • 比較戦略)
  • 第4章 トクヴィル、社会変革の理論家(社会階層の平等化
  • 長期的ヴィジョン
  • 過渡期の理論)
  • 第5章 トクヴィル、社会学の古典(社会力学
  • 再び、過渡期
  • 個人性と社会性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トクヴィル
著作者等 Coenen-Huther, Jacques
三保 元
Coenen‐Huther Jacques
クーネン=ウッター ジャック
書名ヨミ トクヴィル
書名別名 Tocqueville

Tokuviru
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2000.2
ページ数 162p
大きさ 18cm
ISBN 4560058245
NCID BA45372453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20044311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想