ケルトの賢者「ドルイド」 : 語りつがれる「知」

スチュアート・ピゴット 著 ; 鶴岡真弓 訳

「高貴なる野蛮人」と呼ばれ、魔術・技術・知恵をもった賢者はなぜ、生まれ変わるのか。古典文献・考古学・ケルト神話を駆使し、ヨーロッパの思想史・精神史の文脈において読み解いた"古典的名著"の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 語りつがれてきたドルイド像
  • 第2章 ケルト社会の技術・経済・宗教
  • 第3章 古典とケルト語文献のドルイド
  • 第4章 ロマンティック・イメージ
  • 第5章 ドルイド学の歴史と現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケルトの賢者「ドルイド」 : 語りつがれる「知」
著作者等 Piggott, Stuart
鶴岡 真弓
ピゴット スチュアート
書名ヨミ ケルト ノ ケンジャ ドルイド : カタリツガレル チ
書名別名 The Druids
出版元 講談社
刊行年月 2000.1
ページ数 373p
大きさ 20cm
ISBN 4062094169
NCID BA45318163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20029891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想