小説太宰治

檀一雄 著

太宰は自らの文芸の完遂の為に死んだ-。青春の一時期、ともに酒をあおり命をあおる濃密な交友を結んだ作家檀一雄は、太宰の死の直後、心に惻々と迫る挽歌を夜通し綴った。そして死をもって完遂された文芸を前に、何か書き加えることを躊躇しつつも、胸に残る数々の断片を回想せずにはおれない。才華ある友の姿を活写する珠玉の一篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説太宰治
著作者等 檀 一雄
書名ヨミ ショウセツ ダザイ オサム
書名別名 Shosetsu dazai osamu
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.2
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 4006020120
NCID BA45315653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20042769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想