ロシア革命 : レーニンからスターリンヘ、1917-1929年

E.H.カー 著 ; 塩川伸明 訳

著者が30年余の歳月を費やして完成した『ソヴェト・ロシア史』四部作は、革命からスターリン体制の成立までを分析した第一級の専門的著作である。本書はこの研究成果に基づき一般読者のために新しく書き下ろしたもので、1920年代をレーニンのロシア革命からスターリンのロシア革命への転換ととらえることにより、革命の変貌する過程を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1917年10月
  • 二つの世界
  • 戦時共産主義
  • ネップの息つぎ期
  • 新しいソヴェト秩序
  • 鋏状危機
  • レーニンの最後の日々
  • スターリンの台頭
  • ソ連と西方(1923‐1927年)
  • 計画化の始まり
  • 反対派の敗北
  • 農業のディレンマ
  • 工業化の陣痛の高まり
  • 第一次五カ年計画
  • 農業集団化
  • 独裁制の様式
  • ソ連と世界
  • 歴史的展望の中の革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア革命 : レーニンからスターリンヘ、1917-1929年
著作者等 Carr, Edward Hallett
塩川 伸明
Carr E.H.
カー E.H.
書名ヨミ ロシア カクメイ : レーニン カラ スターリン ヘ 1917 - 1929ネン
書名別名 The Russian revolution

Roshia kakumei
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.2
ページ数 306, 13p
大きさ 15cm
ISBN 4006000111
NCID BA45314526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20048000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想