小山内薫と二十世紀演劇

曽田秀彦 著

[目次]

  • 序章 近代と近代化についての、ささやかな論考
  • 自由劇場における「近代」-日本の独立劇場運動
  • モスクワの小山内薫-モスクワ芸術座の衝撃
  • ベル・エポックのパリ-バレエ・リュス体験
  • 自由劇場以後-古劇研究会からの再出発
  • 幻の『蝙蝠座』覚書-マックス・ラインハルト再評価
  • 表現主義の時代へ-築地小劇場論争はどうして起こったか?
  • 改作『国性爺合戦』の上演まで-新しい国劇の構想
  • 冬のモスクワ 1927年-メイエルホリドとの出会い
  • 終章 芸術劇場か、政治劇場か-晩年の苦難の選択

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小山内薫と二十世紀演劇
著作者等 曽田 秀彦
書名ヨミ オサナイ カオル ト ニジッセイキ エンゲキ
書名別名 Osanai kaoru to nijisseiki engeki
シリーズ名 遊学叢書 7
出版元 勉誠
刊行年月 1999.12
ページ数 312p
大きさ 20cm
ISBN 4585040676
NCID BA45291792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想