古事記の本性

中村啓信 著

[目次]

  • 第1章 上巻論(『古事記』の本性-氏祖表記の注的本文を通して
  • 「天地初発之時」の訓み
  • 高天の原について ほか)
  • 第2章 中巻論(多遅摩毛理の物語-『古事記』における文学の発生
  • 死と不死の景観-土師・三宅・常世三氏ワンセットの論
  • ヤマトタケと訓むべき論 ほか)
  • 第3章 下巻論(雄略記の定着
  • 雄略天皇と葛城の神
  • 『古事記』における文学の発生について ほか)
  • 第4章 通巻論など(物部氏管掌の伝承と『古事記』
  • 歌謡の周辺からみた『古事記』の成立
  • 『古事記』原資料の一面 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記の本性
著作者等 中村 啓信
書名ヨミ コジキ ノ ホンセイ
シリーズ名 古事記
出版元 おうふう
刊行年月 2000.1
ページ数 540p
大きさ 22cm
ISBN 4273031051
NCID BA45291362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20117021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想