東アジアにおける日本企業の経営 : 経営のグローバル化と「日本的経営」の移転

伊藤賢次 著

本書は、1970年代初頭からの長期円高傾向における日本企業の経営のグローバル化と「日本的経営」の移転を、東アジアを中心にまとめたものである。全体として、長期的な観点に立って、基本的なメカニズムを抽出した。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序 研究課題と基本的視点-「日本的経営」システムの優位性とその移転
  • 第1部 東アジアにおける日本企業の経営のグローバル化(世界のコスト構造の変化と日本企業の対応
  • グローバル経営への転換を目ざして
  • 東アジアの雁行的経済発展と日本企業の進出
  • 海外生産と本国への逆輸入 ほか)
  • 第2章 東アジアにおける「日本的経営」の移転(QCD活動と「日本的経営」
  • 東アジアにおけるQCD管理と派遣駐在員の仕事
  • 東アジアの経済発展と「日本的経営」の成立条件
  • 「日本的経営」における現場主義と新しい人間観 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • -目次- / p1
  • 序章:研究課題と基本的視点-「日本的経営」システムの優位性と移転- / p1
  • はじめに / p2
  • I 従来の研究についてのサーベイ / p5
  • II 東アジアにおける日本企業の経営に関する研究と課題 / p19
  • III 本論文の構成 / p27
  • 第1部 東アジアにおける日本企業の経営 / p29
  • 第1章:世界のコスト構造の変化と日本企業の対応 / p30
  • はじめに / p31
  • I プラザ合意後の世界のコスト構造の急激な変化 / p33
  • II 日本企業の対応 / p37
  • 第2章:グローバル経営への転換を目ざして / p39
  • はじめに / p40
  • I グローバル経営の概念 / p41
  • II 日本企業のグローバル経営 / p46
  • III 国内外の生産体制再編成のダイナミズム / p49
  • 第3章:東アジアの雁行的発展と日本企業の進出 / p53
  • はじめに / p54
  • I 東アジアの雁行的経済発展 / p55
  • II 発展段階の区分と起動条件 / p60
  • III 東アジア加工基地の形成 / p76
  • 第4章:海外生産と本国への逆輸入 / p80
  • はじめに / p81
  • I 海外生産コスト(C)と本国との比較 / p82
  • II 逆輸入する場合の納期(D)問題 / p95
  • III 逆輸入に適した製品と本国生産に適した製品 / p96
  • 第5章:東アジアにおける日系合弁企業の経営戦略 / p98
  • はじめに / p99
  • I 「プラザ合意」後の東アジアの経営環境の変化 / p100
  • II 進出日本企業の市場分類 / p101
  • III 日本企業の優位性 / p105
  • IV 日本企業の経営戦略 / p112
  • 第6章:東アジアにおける現地企業の経営戦略 / p116
  • はじめに / p117
  • I 現地企業の優位性 / p118
  • II 現地企業の戦略 / p122
  • III 日本企業との連携 / p126
  • 第2部 東アジアの特質と「日本的経営」の移転 / p130
  • 第7章:QCD活動と「日本的経営」 / p131
  • はじめに / p132
  • I 高度経済成長と「日本的経営」 / p133
  • II QCD活動の展開 / p138
  • III 顧客によるQCD評価システムの普遍性 / p144
  • IV QCD活動の新次元 / p148
  • 第8章:東アジアにおけるQCD管理と派遣駐在員の仕事 / p156
  • はじめに / p157
  • I 東アジアにおける品質管理 / p158
  • II 東アジアにおける利益管理と財務管理 / p166
  • III 東アジアにおける工程管理 / p171
  • IV 駐在員の仕事の進め方 / p174
  • 第9章:東アジアの経済発展と「日本的経営」の成立条件 / p184
  • はじめに / p185
  • I 日本と東アジア / p186
  • II 経営環境の長期的変化 / p196
  • III 「日本的経営」と東アジア / p201
  • 第10章:「日本的経営」における現場主義と新しい人間観 / p207
  • はじめに / p208
  • I 「日本的経営」の特質と人間観 / p210
  • II 3現主義(現場・現物・現実主義) / p216
  • III 現場主義の普遍性 / p221
  • IV 新しい人間モデルと組織観の創造 / p228
  • V 「日本的経営」の有効性と問題点 / p230
  • 終章:研究成果のまとめと意義-競争と協調による「日本的経営」システムの評価と展開- / p235
  • I 研究内容のまとめ / p236
  • II 研究成果の意義と今後の検討 / p254
  • 参考文献 / p259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東アジアにおける日本企業の経営 : 経営のグローバル化と「日本的経営」の移転
著作者等 伊藤 賢次
書名ヨミ ヒガシアジア ニ オケル ニホン キギョウ ノ ケイエイ : ケイエイ ノ グローバルカ ト 「 ニホンテキ ケイエイ 」 ノ イテン
書名別名 Higashiajia ni okeru nihon kigyo no keiei
出版元 千倉書房
刊行年月 2000.1
ページ数 247, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4805107758
NCID BA45278160
BB29832979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想