やはり神さまはいた : 日本の巌窟王

仁田義男 著

[目次]

  • やはり神様はいた
  • 目次
  • プロローグ
  • 異例の再審裁判 / 15
  • 一章
  • 四十九年前の夜 / 19
  • 三つの影 / 23
  • 流転 / 29
  • 笛と血 / 39
  • 不在証明 / 45
  • 白と黒 / 50
  • 解けた捕繩 / 59
  • 判決 / 62
  • 罪の確定 / 66
  • 二章
  • もう一つの世界 / 71
  • 戒具 / 77
  • 檻の中 / 81
  • 止っていた時計 / 89
  • 折れた箸 / 98
  • 風に吠える / 106
  • 来る日、消える日 / 120
  • 愛と知恵 / 129
  • 「おれの手だ」 / 136
  • 手習い / 143
  • 別離 / 149
  • 三章
  • 岸辺の声 / 157
  • 記者クラブ / 169
  • 母と子 / 176
  • 法律事務所 / 182
  • 「見つけたぞ!」 / 192
  • 「恋ノ坂」 / 206
  • 片輪車 / 213
  • 伴侶 / 221
  • 渦と炎 / 231
  • 四章
  • 署名運動 / 241
  • 巴波川 / 254
  • 立会訊問 / 263
  • 法務大臣に会う / 272
  • 人権擁護委員会 / 279
  • 幕ひらく / 286
  • 五十年の証言 / 296
  • エピローグ
  • 判決 / 303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 やはり神さまはいた : 日本の巌窟王
著作者等 仁田 義男
書名ヨミ ヤハリ カミサマ ワ イタ : ニホン ノ ガンクツオウ
シリーズ名 産報ノンフィクション
出版元 産報
刊行年月 1963
ページ数 309p 図版
大きさ 19cm
NCID BA45277033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63005188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想