経済社会の興亡

ロバート・ハイルブローナー, ウィリアム・ミルバーグ 著 ; 香内力 訳

本書は、市場社会の誕生とその変遷、そしてグローバル化の進む現状と将来展望までを、経済と政治と社会との相関をも視野に入れて、絶妙な語り口で解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済問題
  • 第2章 市場経済以前
  • 第3章 市場社会の登場
  • 第4章 産業革命
  • 第5章 産業技術のインパクト
  • 第6章 大恐慌
  • 第7章 公共部門の登場
  • 第8章 ヨーロッパにおける近代資本主義の登場
  • 第9章 資本主義の黄金時代
  • 第10章 黄金時代の終焉
  • 第11章 経済生活のグローバリゼーション
  • 第12章 課題と可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済社会の興亡
著作者等 Heilbroner, Robert L
Milberg, William S
香内 力
Heilbroner Robert
Milberg William
ミルバーグ ウィリアム
ハイルブローナー ロバート
書名ヨミ ケイザイ シャカイ ノ コウボウ
書名別名 The making of economic society. (10th ed.)
出版元 ピアソン・エデュケーション
刊行年月 2000.1
ページ数 354p
大きさ 22cm
ISBN 4894716216
NCID BA45267765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20030167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想