アジアの金融・資本市場 : 危機の内層

慶應義塾大学地域研究センター 編

本書は慶応義塾大学地域研究センターが平成10年度(1998年度)の事業の一環として主催した地域研究講座「アジアの金融・資本市場」の内容をまとめたものである。1997年7月に噴出したタイ通貨バーツの投機売りに端を発し、韓国、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどの近隣諸国の通貨安の動きにも波及したいわゆる東・東南アジアの通貨・金融危機をトピック・テーマとして、アジアの金融・資本市場をめぐる問題をできるだけ多面的に解明・分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アジア通貨危機と今後の展望
  • 金融システムのどこに問題があったか-産業構造論的アプローチ
  • アジア通貨危機とIMFの役割
  • 先進国とエマージング・マーケット-「拡大均衡」へ
  • タイ経済の変化と金融危機
  • 東アジア通貨危機と今後の課題
  • 韓国の通貨・金融危機の現状と見通し
  • 中国株式市場の形成過程-A株(国内投資家向け株式)市場を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの金融・資本市場 : 危機の内層
著作者等 慶応義塾大学地域研究センター
慶応義塾大学地域研究センター
奥田 英信
尹 敏鎬
山川 哲史
斉藤 国雄
東 茂樹
王 東明
白鳥 正喜
内海 孚
書名ヨミ アジア ノ キンユウ シホン シジョウ : キキ ノ ナイソウ
書名別名 Ajia no kin'yu shihon shijo
シリーズ名 地域研究講座
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2000.2
ページ数 346p
大きさ 19cm
ISBN 4766407849
NCID BA45237276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想