文学者の日記  7

宇野 浩二【著】;日本近代文学館【編】

近代文学館が収蔵する肉筆資料の中から、資料叢書の第1期として文学者の日記全8巻を刊行、いずれも初めて公刊される極めて貴重な資料ばかりである。第5回の本巻は、文学の鬼宇野浩二が病いから癒え、「枯木のある風景」を書き上げる昭和7年の日記。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学者の日記
著作者等 宇野 浩二
日本近代文学館
書名ヨミ ブンガクシャ ノ ニッキ
書名別名 宇野浩二. 2
シリーズ名 日本近代文学館資料叢書 / 日本近代文学館 編
巻冊次 7
出版元 博文館新社
刊行年月 2000.8
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 4891779772
NCID BA45221607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
宇野浩二. 2 宇野 浩二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想