武器としてのことば

鈴木孝夫 著

著者が本書の中で一貫して主張したことは、永久に戦争を放棄した日本、しかも経済超大国として全世界規模のつながりと影響をもつようになった日本は、捨てた武器に代る国家防衛の手段として、言語と情報の力に頼るほか生きる道がないということであった。そのために総合的な見地から、国家としての言語の戦略を早急に構築する必要のあることを説いたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本はいま、どんな国か
  • 2 外国語教育の多様化を
  • 3 日本語の国際化
  • 4 日本人にとって、英語とは何か
  • 5 受信から発信へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武器としてのことば
著作者等 鈴木 孝夫
書名ヨミ ブキ ト シテノ コトバ
書名別名 Buki to shiteno kotoba
シリーズ名 鈴木孝夫著作集 / 鈴木孝夫 著 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.2
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 4000923145
NCID BA45207253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20048028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想