医学者のみた福祉経済学 : 共生社会への道

吉村不二夫 著

倫理と秩序を失った資本主義は衰退する。市場経済主義の混迷のうちに少子・高齢化社会を迎えるわが国の福祉はどうあるべきか。未成熟な市民社会の中で、今後の共生社会への道を模索する一医学者としての提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 欧米における社会福祉の発展(ヨーロッパにおける社会福祉のあゆみ
  • ヨーロッパにおける市場経済の反省-福祉国家建設への道
  • アメリカ合衆国における福祉の展開と限界-シュムペーターの発展経済学)
  • 第2部 わが国の社会福祉の変遷と今後(わが国における社会保障のあゆみ
  • 社会福祉の将来像-発展と限界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学者のみた福祉経済学 : 共生社会への道
著作者等 吉村 不二夫
書名ヨミ イガクシャ ノ ミタ フクシ ケイザイガク : キョウセイ シャカイ エノ ミチ
出版元 学会出版センター
刊行年月 1999.12
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4762229318
NCID BA45181251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20024214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想