「良心」の教育神話 : 戦後教師文化と学校崩壊

大久保正廣 著

いかにして、学校教育は危機に陥っていったか。戦後教育における教師文化の歴史を辿り、象徴的な事例を掘り下げながら、今日的な教育問題である「教育荒廃」「学校崩壊」に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦後民主教育への模索(旭丘の教師たち
  • 都立農林高校の「無処罰指導」の試み
  • 実践記録『おとなは敵だった』
  • 大西忠治『核のいる学級』と水上久男の班活動実践
  • 高校紛争と教師たち
  • 政治闘争と教師たち)
  • 第2部 「教育荒廃」から「学校崩壊」へ(能重真作著『ブリキの勲章』の実践
  • 「葬式ごっこ」と教師たち-いじめ事件と教師たち
  • 校内暴力と教師たち
  • 「体罰死事件」と「校門圧死事件」の教師たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「良心」の教育神話 : 戦後教師文化と学校崩壊
著作者等 大久保 正廣
大久保 正広
書名ヨミ リョウシン ノ キョウイク シンワ : センゴ キョウシ ブンカ ト ガッコウ ホウカイ
出版元 文芸社
刊行年月 1999.9
ページ数 403p
大きさ 19cm
ISBN 4887373899
NCID BA45166440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想