精神医学群像

藤縄昭, 大東祥孝, 新宮一成 編著

今日の精神医学は、その発祥をフランス革命によっている。心の問題を、宗教家でもなく、哲学者でもない、医師の、つまり医学の対象とするようになった。本書は、その今日の精神医学が成り立って行く過程を、列伝風に編集している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 気分の昂揚と抑うつ(ファルレvs.バイヤルジェ-躁うつ病論の源流
  • エスキロール-リペマニーまたはメランコリー)
  • 2 錯乱と夢幻(シャランとレジス-精神錯乱
  • カールバウム-緊張病 ほか)
  • 3 進みゆく人格の崩壊(モレルとマニャン-変質論の行方
  • クレペリン-精神疾患の分類)
  • 4 精神病と脳(ボーンヘッファー-外因反応型
  • クライスト-フランクフルト学派)
  • 5 幻覚と妄想(ラゼーグ-精神疾患の博物学
  • バレ-慢性幻覚精神病をめぐって ほか)
  • 6 自我の分裂と解離(ジャネ-人間心理の分析と総合
  • ブロイラー-精神分裂病群)
  • 7 パラノイアと精神分析(フロイト-「父」とパラノイア
  • クライン-パラノイド=スキゾイド・ポジション ほか)
  • 8 方法論をめぐって(ヤスパース-精神病理学から哲学へ
  • エー-ネオ‐ジャクソニズム(意識論を中心に) ほか)
  • 9 治療をめぐるいくつかの話題(ワグナー・ヤウレッグ-マラリア発熱療法
  • ジモン-近代的作業療法の始祖)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神医学群像
著作者等 大東 祥孝
新宮 一成
藤縄 昭
書名ヨミ セイシン イガク グンゾウ
書名別名 Seishin igaku gunzo
出版元 アカデミア出版会
刊行年月 1999.12
ページ数 484p
大きさ 19cm
NCID BA45155397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20048301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想