生存する脳 : 心と脳と身体の神秘

アントニオ・R.ダマシオ 著 ; 田中三彦 訳

人間の心的活動は、間断なく状態が変化する「身体」と「脳」との「ダイナミックな相互作用」をとおしてのことであり、身体を考慮せずに、「情動」も「感情」も合理的意志決定も、自己も意識も説明できない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「脳だけ」で心は生まれない
  • 傷ついた脳
  • よみがえった脳
  • 現代のフィネアス・ゲージ
  • 醒めた心に
  • 何が人間を理性的にさせるのか
  • 生体調節と生存
  • 情動と感情
  • ソマティック・マーカー仮説
  • 健常な脳と傷ついた脳〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生存する脳 : 心と脳と身体の神秘
著作者等 Damasio, Antonio R
田中 三彦
ダマシオ アントニオ・R.
書名ヨミ セイゾンスル ノウ : ココロ ト ノウ ト シンタイ ノ シンピ
書名別名 Descartes' error
出版元 講談社
刊行年月 2000.1
ページ数 402p
大きさ 20cm
ISBN 406210041X
NCID BA45127540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20031851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想