村からのたより

中尾英俊 著

山や海、田畑と共に生きる人々との対話。かつて村びとが共同で守り続けてきた土地や山や海が、多くは開発の名のもとにこま切れにされている。法律はそれにどう向き合うことができるのか。また、土地に根ざした風習はどう変わろうとしているのか。昭和30年代以降、日本が大きく変わった高度成長期から現在まで、入会や家族などの社会調査で訪れた全国88か所の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 村との出会い
  • 村での対話
  • 村からのたより
  • 村での裁判
  • 調査こぼれ話
  • 日本歩き録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 村からのたより
著作者等 中尾 英俊
書名ヨミ ムラ カラノ タヨリ : イリアイ カゾク ナリワイ : カワル ムラムラ ノ キロク
書名別名 入会・家族・生業 : 変わる村々の記録
出版元 海鳥社
刊行年月 1999.11
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 4874152821
NCID BA45125115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20022242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想