万博とストリップ : 知られざる二十世紀文化史

荒俣宏 著

美女があでやかな笑みを浮かべながら官能的に舞うストリップ・ショー。そして二十世紀機械文明を象徴するような万国博覧会。この二つが実は切っても切れない深い因縁で結ばれていたとは!いや、かつて、国家的イベント万国博覧会は、ストリップなくしては発展しえなかったとさえいえるのだ。ロンドン、パリなどを舞台に繰り広げられた万博とストリップの発展史になぜか登場する明治期の女優川上貞奴…。ジプシー・ローズ・リー、黒豹の女王ジョゼフィン・ベーカーなどの名花のエピソードをちりばめながら、万博とストリップの出会いの必然を鋭く読み解く。本書は著者初の新書への書下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 演劇博物館と川上貞奴
  • 第1部 万国博覧会に咲いたストリッパーたち
  • 第2部 さかのぼって十九世紀パリ。万博とセクシーダンスの誕生
  • 第3部 そして一方、日本の博覧会にもヌードの影が
  • 第4部 そもそも欧米のストリップは、どのように成立したのか
  • エピローグ なぜ万博とストリップなのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万博とストリップ : 知られざる二十世紀文化史
著作者等 荒俣 宏
書名ヨミ バンパク ト ストリップ : シラレザル ニジッセイキ ブンカシ
書名別名 Banpaku to sutorippu
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2000.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4087200116
NCID BA4507563X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20032059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想