後期ギリシア科学 : アリストテレス以後

G.E.R.ロイド 著 ; 山野耕治, 山口義久, 金山弥平 訳

ヘレニズム時代を軸に古代後期まで科学的探求にかかわるギリシア的発想の特徴、その方法と成果を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヘレニズム時代の科学
  • 第2章 アリストテレス以後のリュケイオン
  • 第3章 エピクロス派とストア派
  • 第4章 ヘレニズム時代の数学
  • 第5章 ヘレニズム時代の天文学
  • 第6章 ヘレニズム時代の生物学と医術
  • 第7章 応用機械学と技術
  • 第8章 プトレマイオス
  • 第9章 ガレノス
  • 第10章 古代科学の衰退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後期ギリシア科学 : アリストテレス以後
著作者等 Lloyd, G. E. R.
Lloyd, Geoffrey Ernest Richard
山口 義久
山野 耕治
金山 弥平
ロイド G.E.R.
書名ヨミ コウキ ギリシア カガク : アリストテレス イゴ
書名別名 Greek science after Aristotle
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 662
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.1
ページ数 291, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4588006622
NCID BA45056919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20047674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想