メガバンク誕生 : 金融再編と日本の行方

向壽一 著

相次ぐ破綻と、信用不安、国際競争力への対応が問われ、銀行・証券・生保の再編・統合の動きが急速に進行している。従来の企業集団の枠を大きく変える金融大再編のもと、IT革命がもたらす多様な金融派生商品(デリバテイブ)が、市場を翻弄する。「護送船団方式」から脱して、日本経済の信頼は回復できるのか。国際金融論の第一人者が、日本経済・世界経済の潮流を試み、国民経済再生のヴィジョンを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ メガバンク・ニュースと市民生活
  • 第1章 金融危機とメガバンク誕生
  • 第2章 グローバルな金融再編
  • 第3章 金融ビッグバンの進展
  • 第4章 メガバンクは日本を救えるか
  • 第5章 デリバティブ時代とカード社会・ネット社会
  • 第6章 郵便貯金からの資金流出と高齢化・少子化
  • 第7章 国際分業・雇用と金融産業
  • 第8章 「東洋のスイス」をめざして
  • エピローグ 日本の行方に期待を込めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メガバンク誕生 : 金融再編と日本の行方
著作者等 向 寿一
書名ヨミ メガバンク タンジョウ : キンユウ サイヘン ト ニホン ノ ユクエ
書名別名 Megabanku tanjo
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.1
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 414001878X
NCID BA45029880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想