霊魂論

亀川教信 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 靈魂問題の緊要性 / 1
  • 一、 精神の力 / 1
  • 二、 信の躍動相 / 4
  • 三、 東亞的精神の創造性 / 7
  • 四、 靈魂觀念の發生 / 11
  • 五、 生命と靈魂 / 18
  • 六、 靈魂觀念の進化 / 21
  • 七、 日本的なものの見方 / 29
  • 二 靈魂の意義 / 35
  • 一、 靈魂の字義 / 35
  • 二、 古代印度に於ける靈魂論 / 37
  • 三、 釋尊の立場 / 41
  • 四、 業道靈魂論確立の要求 / 55
  • 五、 發展佛教の靈魂論 / 59
  • 三 靈魂と無我 / 69
  • 一、 佛教の無靈魂的色彩 / 69
  • 二、 佛教無我説の唱導 / 75
  • 三、 無我の論據 / 78
  • 四、 現實の段階に於ける無我の役割 / 92
  • 五、 相續の觀念 / 99
  • 四 靈魂と業道 / 103
  • 一、 業の意義 / 103
  • 二、 業の體 / 112
  • 三、 種子 / 122
  • 四、 受報の時期 / 126
  • 五、 業の種別 / 133
  • 六、 業道成立の内感 / 155
  • 五 靈魂と輪廻 / 160
  • 一、 人生の苦感 / 160
  • 二、 佛教の輪廻説 / 163
  • 三、 無我と輪廻の調和 / 175
  • 四、 地獄の實在 / 180
  • 五、 十二因縁觀 / 197
  • 六、 中有と幽靈 / 210
  • 七、 輪廻の主體 / 238
  • 六 靈魂と解脱 / 241
  • 一、 靈魂論の歸結 / 241
  • 二、 因果の法則 / 243
  • 三、 業道と運命 / 259
  • 四、 解脱の内容 / 285
  • 五、 業感と如來他力 / 290
  • 六、 廻向と滅罪 / 296
  • 七、 信と懴悔 / 303
  • 七 佛教靈魂論の合理性 / 315
  • 一、 日常生活と佛教思想 / 315
  • 二、 學的觀點 / 320
  • 三、 道徳的觀點 / 325
  • 四、 宗教的觀點 / 331
  • 五、 むすび / 337

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 霊魂論
著作者等 亀川 教信
書名ヨミ レイコンロン
書名別名 Reikonron
出版元 興教書院
刊行年月 昭和17
ページ数 340p
大きさ 19cm
NCID BA45029508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46003112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想