小虎が駆ける : 草創期の労働運動家棚橋小虎自伝

棚橋小虎 著

大正デモクラシーの中、労働運動に身を投じた棚橋小虎。20世紀初頭の青春群像と共に築かれた社会主義の軌跡。日本の労働運動は、どこに辿り着こうとしているのか、ここに一つの答えがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中学前後
  • 三高の春秋
  • 大学時代
  • 友愛会
  • 外遊
  • 淡路十三年
  • 松本時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小虎が駆ける : 草創期の労働運動家棚橋小虎自伝
著作者等 棚橋 小虎
棚橋小虎自伝編集委員
書名ヨミ コトラ ガ カケル : ソウソウキ ノ ロウドウ ウンドウカ タナハシ コトラ ジデン
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1999.12
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 4620314145
NCID BA45002126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想