実践としての統計学

佐伯胖, 松原望 著

統計って、こんなにおもしろいものだったのか!統計の本当の意味を、具体的・実践的な問題状況に即して、わかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 実践としての統計学
  • 1章 必要とされるときの統計学-理論の「わかりやすさ」
  • 2章 データを読む-相関分析、主成分分析、因子分析の意味をさぐる
  • 3章 因果関係を推定する-無作為配分と統計的検定
  • 4章 仮説の統計的評価とベイズ統計学
  • 5章 統計の実践的意味を考える-計量解析のエスノメソッド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践としての統計学
著作者等 佐伯 胖
松原 望
書名ヨミ ジッセン ト シテノ トウケイガク
書名別名 Jissen to shiteno tokeigaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.1
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 4130420704
NCID BA44972615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想