移植医療の最新科学 : 見えてきた可能性と限界

坪田一男 著

日本ではようやく本格化した臓器移植は、欧米ではすでに特別な医療ではなくなっている。どうしても脳死判定や心臓移植ばかりが注目されるが、移植医療の本質はまったく別のところにある。拒絶反応、免疫寛容(トレランス)などをキーワードに、移植が成功するか否かのポイントを見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 移植医療の新時代
  • 第2章 自分と他人はどう違うか
  • 第3章 トレランスとは何か
  • 第4章 トレランスの破綻
  • 第5章 ステムセルの活用
  • 第6章 クローン技術と臓器移植
  • 終章 臓器バンクと移植医療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移植医療の最新科学 : 見えてきた可能性と限界
著作者等 坪田 一男
書名ヨミ イショク イリョウ ノ サイシン カガク : ミエテキタ カノウセイ ト ゲンカイ
書名別名 Ishoku iryo no saishin kagaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2000.1
ページ数 165, 8p
大きさ 18cm
ISBN 4062572753
NCID BA44944471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想