首脳外交 : 先進国サミットの裏面史

嶌信彦 著

「ランブイエ」に始まり、いま「沖縄」へ。激動の四半世紀に、50人の首脳が繰りひろげた合従連衡の駆け引き、相互の赤裸々な人物鑑定-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦う首脳たち-「結束」の舞台裏で
  • 第2章 日本国首相の孤独-"沈黙"の席を脱せるか
  • 第3章 サミット二十五年の変遷-それは世界を仕切ってきたか
  • 第4章 シェルパたちの戦い-もうひとつの秘話
  • 第5章 サミット演出法-マスコミ、警備、もてなし…
  • 第6章 日本のサミット外交-限界にきた"受け身"対応
  • 第7章 沖縄から二十一世紀へ-再生を問われるサミット

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首脳外交 : 先進国サミットの裏面史
著作者等 嶌 信彦
書名ヨミ シュノウ ガイコウ : センシンコク サミット ノ リメンシ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.1
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4166600834
NCID BA44922093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20030097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想