プライマリ・ケア医のための心臓病ケースアプローチ

沢山俊民, 三谷一裕 共著

本書の目的は、"素手でも診断が下せる医師を育てること"である。ただし、大震災直後のような極限状態で医療をすることは少ないので、心電図と胸部X線写真は利用できることにした。すなわち、問診・診察所見・心電図・胸部X線写真のみで診断にアプローチするわけである。われわれは、これら4つの診断テクニック(問診・診察所見・心電図・胸部X線写真)をコモン・テクニック(C‐Tec)とよんでいる。これらは、修練さえ積めば、特殊な診断機器のない診療所でも所見を得ることができる技術だからである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基礎編(一般医に役立つC‐Tecとは何か
  • C‐Tec所見と血行動態の表現法
  • 異常な血行動態の表現法
  • 心疾患の診断のためのアプローチ法 ほか)
  • 2 応用編(2週間前から風邪気味の59歳男性
  • 労作時胸部絞扼感を訴える59歳女性
  • 労作時胸内苦悶感を訴える42歳の荷揚げ商人
  • 労作時の眼前暗黒感がある38歳のサラリーマン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プライマリ・ケア医のための心臓病ケースアプローチ
著作者等 三谷 一裕
沢山 俊民
書名ヨミ プライマリ ケアイ ノ タメノ シンゾウビョウ ケース アプローチ
出版元 南江堂
刊行年月 1999.9
ページ数 139p
大きさ 26cm
ISBN 4524202854
NCID BA44919907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想