ラブイユーズ

バルザック [著] ; 吉村和明 訳・解説

主人公フィリップ・ブリドーは元ナポレオン軍兵士で、放蕩無頼のかぎりを尽くしたあげくパリを追放される。彼は母アガトの故郷の田舎町イスーダンにやってくるが、そこではアガトの兄ジャン=ジャック・ルージェの莫大な財産をねらって、ルージェの内縁の妻フロール・ブラジエ(通称「ラブイユーズ」)と兵隊あがりの乱暴者マクサンス・ジレ(通称マックス)がひそかな陰謀をたくらんでいた。そこに性悪という点では一歩も引けをとらぬフィリップが割り込んでくることになる-こんなふうに話が展開してゆく『ラブイユーズ』は、悪漢小説として無類のおもしろさをそなえているばかりではなく、制御不能の欲望や情熱に翻弄される人間の不幸をとことん描ききって余すところがない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラブイユーズ
著作者等 Balzac, Honoré de
吉村 和明
大矢 タカヤス
山田 登世子
鹿島 茂
BALZAC
Balzac
バルザック
書名ヨミ ラブイユーズ : ブライ イチダイキ
書名別名 La Rabouilleuse

無頼一代記
シリーズ名 バルザック「人間喜劇」セレクション / 鹿島茂, 山田登世子, 大矢タカヤス 責任編集 第6巻
出版元 藤原書店
刊行年月 2000.1
ページ数 473p
大きさ 20cm
ISBN 4894341603
NCID BA44901333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想