身体/生命

市野川容孝 著

近代社会は身近/生命の周りに、あるいはこの概念を媒介としながら、どのような装置や戦略を組み立ててきたのか。そのなかで、我々は身体/生命をいかに語り、その像は社会編成のあり方とどのような関係を切り結んできたのか。フーコーが「生‐権力」と名指したものを、医療と社会のダイナミズムに依拠しながら明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 身体/生命はどう語られるのか(暫定的なスケッチ
  • 身体/生命の文化的差異)
  • 2 生‐権力の系譜(王の身体の変容
  • 死の医療化
  • individualとしての身体/生命
  • こころの在り処
  • 「種」としての身体/生命
  • 身体/生命をどう語るべきか)
  • 3 基本文献案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体/生命
著作者等 市野川 容孝
書名ヨミ シンタイ セイメイ
書名別名 Body/life
シリーズ名 思考のフロンティア
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.1
ページ数 129p
大きさ 19cm
ISBN 4000264265
NCID BA44900181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想