国際間資本移動と貿易政策論

荻野和則 著

内外の諸研究を概観し、これまで伝統的貿易理論では不可能とされてきた国際間資本移動の問題を、さまざまな経済政策と関連づけて分析する。気鋭の学者の意欲的研究書。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 1 国際間要素移動と貿易論(要素移動と貿易
  • 国際間要素移動の利益と資本市場の統合度)
  • 2 関税と輸入割当の同等性(関税・輸入割当と資本移動
  • 失業と資本流入
  • 収穫逓増と資本移動)
  • 3 公共政策(年金、政府投資と資本移動
  • 国際間所得移転と地球環境問題)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p2
  • 1章 序論 / p1
  • 1.1.はじめに / p1
  • 1.2.研究の目的と範囲 / p2
  • 1.3.論文の構成 / p4
  • Part I 要素移動と貿易論 / p7
  • 2章 要素移動と貿易 / p7
  • 2.1.はじめに / p7
  • 2.2.貿易論の基本と貿易論の諸問題への導入 / p8
  • 2.3.要素移動と貿易論 / p28
  • 2.4.要素移動と貿易の代替性と補完性 / p39
  • 2.5.外国保有の生産要素の存在と交易条件 / p50
  • 2.6.要素コンテンツアプローチと資本移動 / p53
  • 3章 国際間要素移動の利益と資本市場の統合度 / p62
  • 3.1.はじめに / p62
  • 3.2.要素移動の利益 / p63
  • 3.3.非貿易財と資本移動 / p70
  • 3.4.資本・労働移動と要素課税 / p73
  • 3.5.資本市場の統合度-国際資本移動の程度- / p78
  • Part II 関税と輸入割当の同等性 / p91
  • 4章 関税・輸入割当と資本移動 / p91
  • 4.1.はじめに / p91
  • 4.2.モデル / p94
  • 4.3.資本移動と関税・割当政策の同等性 / p94
  • 4.4.資本流入と厚生の変化 / p96
  • 4.5.自由な資本流入 / p97
  • 4.6. 2財2要素モデル / p102
  • 4.7.おわりに / p104
  • 5章 失業と資本移動 / p107
  • 5.1.はじめに / p107
  • 5.2.モデル / p109
  • 5.3.失業と保護政策 / p112
  • 5.4.関税と輸入割当の下での資本流入の厚生効果 / p115
  • 5.5.賃金への補助金と厚生 / p120
  • 5.6.補論 一般的なモデルの下での失業、保護貿易、資本移動 / p122
  • 5.7.おわりに / p129
  • 6章 収穫逓増と資本移動 / p130
  • 6.1.はじめに / p130
  • 6.2.モデル / p131
  • 6.3.自由貿易,資本流入と厚生 / p133
  • 6.4.関税と資本移動 / p135
  • 6.5.輸入割当と輸出自主規制 / p138
  • 6.6.おわりに / p141
  • Part III 公共政策 / p145
  • 7章 年金,政府投資と資本移動 / p145
  • 7.1.はじめに / p145
  • 7.2. 2世代モデルと資本移動 / p148
  • 7.3.積立方式と資本移動 / p150
  • 7.4.賦課方式と資本移動 / p154
  • 7.5.資本課税政策 / p156
  • 7.6.おわりに / p163
  • 8章 国際間所得移転と地球環境問題 / p166
  • 8.1.はじめに / p166
  • 8.2.モデル / p167
  • 8.3.所得移転 / p174
  • 8.4.おわりに / p176
  • 9章 結論 / p180
  • 参考文献 / p186
  • 論文要旨 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国際間資本移動と貿易政策論
著作者等 荻野 和則
書名ヨミ コクサイカン シホン イドウ ト ボウエキ セイサクロン
書名別名 Kokusaikan shihon ido to boeki seisaku ron
出版元 文眞堂
刊行年月 1999.12
ページ数 187p
大きさ 22cm
ISBN 483094336X
NCID BA44896459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想