世界美術大全集  東洋編 第16巻

田辺 勝美;松島 英子【編】

粘土板に刻まれた楔型文字は世界最古の文明の襞を語る!シュメールの都ウル、ハンムラピ法典碑で知られるバビロン、"帝王ライオン狩り"浮彫りがあるアッシリアのニネヴェ、アレクサンドロス大王により破壊されたペルセポリス、ローマにより滅亡したシリアのパルミラ。今、メソポタミア、アナトリア、イランの古代都市が甦る!数奇の運命をたどり、シュリーマンが発掘したトロイの黄金製品、ロシアの協力により日本初公開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 古代西アジアの美術-メソポタミアを中心として
  • メソポタミア
  • 古代メソポタミアの宗教建築
  • 円筒印章
  • アナトリアの美術
  • イラン
  • アケメネス朝ペルシアの美術
  • ヘレニズム美術の東方伝播と変容
  • ササン朝ペルシアの美術
  • テーマ特集 西アジアの先史美術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 松島 英子
田辺 勝美
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名 西アジア

New history of world art

Sekai bijutsu daizenshu
巻冊次 東洋編 第16巻
出版元 小学館
刊行年月 2000.2
ページ数 466p
大きさ 38cm
ISBN 4096010669
NCID BA44879970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20032157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
西アジア 田辺 勝美, 松島 英子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想