タイの経済政策 : 制度・組織・アクター

末廣昭, 東茂樹 編

本書はタイにおける経済政策の決定メカニズムを、政府官僚組織、民間経済団体、主要財閥や企業、官僚外社会勢力(労働団体、NGOを含む)、政党政治家や権力構造との関連で、1980年代以降の経済構造の変化という動態的な視角を入れながら、分野ごとに具体的に検討したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 タイ研究の新潮流と経済政策論
  • 第2章 財政金融政策-中央銀行の独立性と組織の能力
  • 第3章 産業政策-経済構造の変化と政府・企業間関係
  • 第4章 糖業政策-分糖法と政府・農民・工場
  • 第5章 農村開発政策-変革における制度と個人
  • 第6章 労働政策-制度化とインナーサークルの形成
  • 第7章 環境政策-環境の政治と住民参加
  • 第8章 電気通信事業政策-コンセッション方式と政党政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タイの経済政策 : 制度・組織・アクター
著作者等 アジア経済研究所
末広 昭
末廣 昭
東 茂樹
書名ヨミ タイ ノ ケイザイ セイサク : セイド ソシキ アクター
シリーズ名 研究双書 no.502
出版元 日本貿易振興会アジア経済研究所
刊行年月 2000.1
ページ数 384p
大きさ 21cm
ISBN 4258045020
NCID BA4487392X
BA45363135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20078393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想