開かれた孤独へ : 思想の源流に求める人間の所在

岡田勝明 著

人間とは何だろうか-古代日本思想、仏教、キリスト教、ギリシャ哲学等、思想の源流に遡って人間の本質を究明し、現代人の「孤独」の問題をテーマにやさしく語りかける、現代へのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ひと」という言葉
  • 第2章 『古事記』の人間観
  • 第3章 仏教と日本思想
  • 第4章 キリスト教における愛と自由
  • 第5章 哲学と魂の不死
  • 第6章 人間と世界
  • 第7章 いのちの自然
  • 第8章 詩魂の声

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開かれた孤独へ : 思想の源流に求める人間の所在
著作者等 岡田 勝明
書名ヨミ ヒラカレタ コドク エ : シソウ ノ ゲンリュウ ニ モトメル ニンゲン ノ ショザイ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2000.1
ページ数 275p
大きさ 19cm
ISBN 4790707938
NCID BA44873602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20076521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想