日本の中世寺院

伊藤正敏 著

中世社会には、朝廷・幕府から独立した巨大寺院が存在した。僧侶・商人・職人などの人びとが集合する一大産業センターで、境内都市というべき自由空間を構成していた。境内都市を通して、新しい中世社会像を構築する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世の寺社(中世寺社とは
  • 中世テクノポリス
  • 富を支えるには ほか)
  • 境内都市の風景と政治システム(境内都市とは-門内・門前都市
  • 寺社境内都市の風景
  • 都市周縁と都市問題 ほか)
  • 寺社境内都市群と中世社会(墓盗人と高僧-俗よりも世俗的な世俗
  • 公家・武家を操作する-王法仏法相依
  • 第二次の都市化と遊行僧 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の中世寺院
著作者等 伊藤 正敏
書名ヨミ ニホン ノ チュウセイ ジイン : ワスレラレタ ジユウ トシ
書名別名 忘れられた自由都市
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 86
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.2
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4642054863
NCID BA4486787X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20047884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想