夢分析

新宮一成 著

忘れていた幼年期の記憶を呼びもどし、自らの存在の根源を再確認する-人間精神の深層にある無意識のこの欲望こそが、我々が夢を見る理由である。夢はどのようなしくみによってその欲望を満たすのか。夢に登場してくるさまざまな内容は何を象徴するのか。気鋭の精神分析家が豊富な実例分析をもとに大胆に夢の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 空飛ぶ夢
  • 第2章 消し去れない昔
  • 第3章 時の架け橋
  • 第4章 夢をあやつる知
  • 第5章 エディプスの夢トリアス
  • 第6章 反復する情熱
  • 第7章 夢中の転生
  • 第8章 夢の語らい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢分析
著作者等 新宮 一成
書名ヨミ ユメ ブンセキ
書名別名 Yume bunseki
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.1
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 4004306531
NCID BA44858416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想