親と子

永六輔 著

「お互い本気で勝負しなければダメ」-親は子ときちんと向かい合おう、伝えるべきはちゃんと伝えよう。父の手紙や母の遺言、さらには妻・娘の座談会など、著者自身の素顔をまじえつつ展開する紙上バラエティ!いよいよ六輔辻説法は佳境に。同時刊行の『夫と妻』とあわせ、人間関係のタテヨコを智恵の言葉で縦横に語り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 見つめる-「父親にさせていただいたのだ」
  • 2 聞きとる-「子の恩というものもあります」
  • 3 語り出す-「いつでもどこでも辻説法」
  • 4 読み直す-「手紙を書くのが好きでした」
  • 5 話し合う-「本気で勝負しなくちゃダメ」
  • 6 記憶する-「菜の花や父の隣で眠る母」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親と子
著作者等 永 六輔
書名ヨミ オヤ ト コ
書名別名 Oya to ko
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.1
ページ数 192p
大きさ 18cm
ISBN 4004306558
NCID BA44853671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20035664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想