中国「内陸」発 : 底辺から見た「中華世界」の真実

村山宏 著

我々はこのような中国を、知っていただろうか?沿海部の都市から北京・香港、辺境に至るまで、地を這うような取材を敢行。そこには「中華世界」としか呼びようのない中国社会の現実があった-。超大国論・分裂論を共に排し、新たな中国観を提示する出色のルポ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立ちすくむ中国
  • 西と東の断絶
  • 裏通り人間模様
  • 産めよ増やせよ、地に満ちよ
  • 民は自らを養えるか
  • 大鍋を喰らう
  • 腐った味噌がめ
  • 変わる民、変わらぬ民
  • 内陸を航海する冒険者たち
  • 広東征伐〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国「内陸」発 : 底辺から見た「中華世界」の真実
著作者等 村山 宏
書名ヨミ チュウゴク ナイリク ハツ : テイヘン カラ ミタ チュウカ セカイ ノ シンジツ
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1999.12
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4532163250
NCID BA44836173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027445
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想