中世村落の景観と生活 : 関東平野東部を中心として

原田信男 著

[目次]

  • 《目次》
  • ◎はじめに:問題の設定 / p1
  • 序章:関東平野の自然と歴史 / p3
  • 第一節 関東平野の地形 / p3
  • 第二節 中世の利根川 / p5
  • 第三節 中世の関東平野 / p13
  • 第一部:中世の村落景観 / p18
  • 第一章:村落景観の研究史と方法 / p18
  • 第一節 中世村落景観の研究史 / p18
  • 第二節 中世村落景観研究の課題と方法 / p25
  • 第二章:村落景観の環境-下河辺荘・太田荘を中心に- / p33
  • 第一節 古代の郷と中世の荘園 / p33
  • 第二節 近世の郷荘名と荘域 / p41
  • 第三節 地名と地域景観 / p59
  • 第四節 地域景観の遡及的復原 / p65
  • 第三章:村落景観の諸類型 / p78
  • 序節 中世村落の諸類型について / p78
  • 第一節 山麓型の中世村落-長岡郷と新田荘の村々- / p80
  • 第二節 深い谷田型の中世村落-八木郷・結縁寺村を中心に- / p89
  • 第三節 浅い谷田型の中世村落-毛呂郷・竹来郷・宮山村- / p103
  • 第四節 低台地型の中世村落-若林郷を中心に- / p129
  • 第五節 乾田低地型の中世村落-卒島郷を中心に- / p146
  • 第六節 湿田低地型の中世村落-赤岩郷と正能村- / p162
  • 第七節 人工堤防型の中世村落-高野郷を中心に- / p175
  • 終節 村落景観の展開について / p189
  • 第四章:村落景観の諸要素 / p194
  • 第一節 中世の耕地-田畠の生産力と存在形態- / p194
  • 第二節 中世の集落-集落形態と村落の領域- / p215
  • 第三節 中世の城館-村落支配との関連から- / p234
  • 第五章:村落景観と政治支配 / p251
  • 第一節 村落景観と領主権力 / p251
  • 第二節 近世的村落景観へ / p263
  • 第二部:中世の村落生活 / p281
  • 第六章:村落生活の研究史と方法 / p281
  • 第一節 中世村落生活の研究史 / p281
  • 第二節 生活史研究の課題と方法 / p290
  • 第七章:村落生活の自然環境 / p299
  • 第一節 自然の恵みと中世村落 / p299
  • 第二節 災害の脅威と中世村落 / p306
  • 第八章:村落生活の社会環境 / p313
  • 第一節 地域と村落生活 / p313
  • 第二節 集団と村落生活 / p325
  • 第三節 支配と村落生活 / p331
  • 第九章:村落生活の交通環境 / p343
  • 第一節 水運と村落生活 / p343
  • 第二節 陸運と村落生活 / p357
  • 第一〇章:村落生活の諸相 / p368
  • 第一節 衣料・衣服と中世村落 / p368
  • 第二節 食生活の方向と中世村落 / p379
  • 第三節 住居の構造と中世村落 / p391
  • 第一一章:村落生活と宗教 / p401
  • 第一節 神道と村落生活-宮座と草切り伝承- / p401
  • 第二節 仏教と村落生活-新仏教と旧仏教- / p421
  • 第一二章:村落生活の変化 / p430
  • 第一節 近世的生活環境へ / p430
  • 第二節 近世的村落生活へ / p438
  • ◎おわりに:要約と展望 / p448
  • 図(一~六三) / p454
  • 表(一~八八) / p520
  • 注(一~七七) / p616
  • 参考文献一覧 / p635
  • 典拠文献一覧 / p664
  • 著者基礎文献 / p675

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中世村落の景観と生活 : 関東平野東部を中心として
著作者等 原田 信男
書名ヨミ チュウセイ ソンラク ノ ケイカン ト セイカツ : カントウ ヘイヤ トウブ オ チュウシン ト シテ
書名別名 Chusei sonraku no keikan to seikatsu
出版元 思文閣
刊行年月 1999.12
ページ数 601, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4784210229
NCID BA44811547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想