心を伝える日本語講座

水谷信子 著

国際化がさらに進む社会で日本語をどう使うべきかをまず問題提起として掲げ、わたしたちが実生活で人にはたらきかけるとき、日本語をどう使っているかを外国人の持つ疑問に目を向けながらとりあげる。さらに、日本語の言語的な特徴を、わたしたちになじみの深い英語との比較をまじえての分析。今やかましく言われている「若者ことば」の特徴の考察。そして、実際に日本語を効果的に使ってコミュニケーションをするにはどうすればいいかを考えるために、わかりやすい説明の方法、慣用句・漢字表記の基本的な知識、敬語の使い方などについて、練習をするという形でとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語と国際化(二十一世紀の日本語は国際語になれるか
  • 外国人の日本語と日本の日本語 ほか)
  • 第2章 日本人の言語生活(挨拶と家族
  • 間接的な表現 ほか)
  • 第3章 日本語の文法(外国語には文法がある
  • 名詞-単数と複数 ほか)
  • 第4章 若者の日本語(若者もいずれ年寄りになる
  • 若者の話し方 ほか)
  • 第5章 日本語の達人への道(コミュニケーションのための日本語
  • 説明の練習 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心を伝える日本語講座
著作者等 水谷 信子
書名ヨミ ココロ オ ツタエル ニホンゴ コウザ
書名別名 Kokoro o tsutaeru nihongo koza
出版元 研究社
刊行年月 1999.12
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4327376795
NCID BA4479748X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20027588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想