ハンナ・アーレント伝

エリザベス・ヤング=ブルーエル 著 ; 荒川幾男 ほか訳

革命と戦争、全体主義の嵐が吹き荒れた20世紀。ハンナ・アーレント(1906‐75)は過酷な時代のなかで、公共性と人間の自由を問いつづけた。本書はこの卓越した政治哲学者の全体像を初めて明らかにした決定版評伝である。アーレントはユダヤ人としてドイツに生まれた。ナチスの迫害を逃れフランスに出国、アメリカに亡命する。ハイデッガーとの秘められた恋。スパルタクス団の元闘士との結婚。アイヒマン論争。ベンヤミン、ブレヒト、シューレム、オーデン、メアリー・マッカーシーらとの熱いやりとり。老年について。「誠実こそ真理のしるし」-師ヤスパースの言葉を身をもって生きた生涯。諸著作の根底にあるアーレントの"精神の生活"が、未発表をふくむ膨大な資料、可能なかぎりの関係者へのインタヴューによってよみがえる。本書はアルフレッド・ハーコート賞を受賞、絶賛を博した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 1906‐1933(ケーニヒスベルクの少女時代(1906‐1924)
  • ワイマールの大学生(1924‐1929)
  • あるユダヤ人女性の生涯(1929‐1933))
  • 第2部 1933‐1951(パリの無国籍人(1933‐1941)
  • ニューヨーク-誠実は真理の徴(1941‐1948)
  • 公的な生活のなかの私的な顔(1948‐1951))
  • 第3部 1951‐1965(世界に安らぎを求めて(1951‐1961)
  • イェルサレムのアイヒマン(1961‐1965))
  • 第4部 1965‐1975(暗い時代のアメリカ(1965‐1970)
  • もう、そしてまだ-『精神の生活』(1970‐1975))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハンナ・アーレント伝
著作者等 Young-Bruehl, Elisabeth
原 一子
宮内 寿子
本間 直子
荒川 幾男
Young‐Bruehl Elisabeth
ヤング‐ブルーエル エリザベス
書名ヨミ ハンナ アーレント デン
書名別名 Hannah Arendt

Hanna arento den
出版元 晶文社
刊行年月 1999.12
ページ数 698, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4794964242
NCID BA44779728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20028395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想