選択・責任・連帯の教育改革 : 学校の機能回復をめざして : 完全版

堤清二, 橋爪大三郎 編

小中学校の学区制の廃止・校長の権限強化。高検(高等学校学力検定試験)の導入と入試の廃止。大学学生定員の廃止(キックアウト制)と入試廃止・奨学金の大幅拡充など、建設的で実行可能なプラン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 教育を育む哲学と価値の創造(教育改革の基本姿勢
  • 教育をはぐくむ哲学
  • 教育の課題)
  • 第2部 学校の機能回復をめざして(改革の基本的な考え方
  • 小・中学校の改革
  • 高等学校の改革 ほか)
  • 第3部 選択と責任の主体としての家庭(家庭教育を考える基本的視点
  • 家庭の責任
  • 学校の説明義務と家庭の主体的選択 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 選択・責任・連帯の教育改革 : 学校の機能回復をめざして : 完全版
著作者等 堤 清二
橋爪 大三郎
書名ヨミ センタク セキニン レンタイ ノ キョウイク カイカク : ガッコウ ノ キノウ カイフク オ メザシテ : カンゼンバン
出版元 勁草書房
刊行年月 1999.12
版表示 完全版
ページ数 194, 15p
大きさ 19cm
ISBN 4326298650
NCID BA4476226X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20026188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想