江戸芸術論

永井荷風 著

春信の可憐さ、歌麿の妖艶、北斎の硬質さ、広重ののどかさ-浮世絵の奥ぶかさや絵師たちのめざしたものを、図版にたよらずに、文章で論じつくした江戸芸術論集。浮世絵という小さな美を手がかりに日本の本質をさぐった一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 浮世絵の鑑賞
  • 鈴木春信の錦絵
  • 浮世絵の山水画と江戸名所
  • 泰西人の見たる葛飾北斎
  • ゴンクウルの歌磨及北斎伝
  • 欧米人の浮世絵研究
  • 浮世絵と江戸演劇
  • 衰頽期の浮世絵
  • 狂歌を論ず
  • 江戸演劇の特徴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸芸術論
著作者等 永井 荷風
書名ヨミ エド ゲイジュツロン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.1
ページ数 196p
大きさ 15cm
ISBN 4003104277
NCID BA44757893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
江戸芸術論 永井 荷風
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想