志士と官僚 : 明治を「創業」した人びと

佐々木克 著

幕末の志士は明治政府「創業」にいかに係わったのか。官僚として新政府の基礎を築きあげた大久保利通。志士的資質から遂に脱しきれなかった西郷隆盛、木戸孝允。そして脱藩の郷士、草莽の志士たちのさまざまな生き方、反乱、暗殺事件…。維新期の混乱の中で形成された「官僚」の本質を斬新な手法で解明し、歴史に新たな視点を加える好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「創業」の政府
  • 第1章 新首都で新政を(世直しと錦絵
  • 遷都論の諸相 ほか)
  • 第2章 維新官僚とその政治(朝臣の出発
  • 官僚の構想)
  • 第3章 明治の志士とその行動(志士の類型
  • 志士たちの明治)
  • 第4章 政治と私の空間(政治史の裏舞台
  • 女達の維新史 ほか)
  • 第5章 志士の発想と官僚の論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 志士と官僚 : 明治を「創業」した人びと
著作者等 佐々木 克
書名ヨミ シシ ト カンリョウ : メイジ オ ソウギョウ シタ ヒトビト
書名別名 Shishi to kanryo
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.1
ページ数 324p
大きさ 15cm
ISBN 4061594168
NCID BA44747233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20028513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想