市民のための情報公開条例 : つくり方・使い方

内田正之, 庫山恒輔 著

情報公開条例を駆使して市民オンブズマン運動を展開してきた著者が、その経験をもとに「モデル情報公開条例案」と「条例改正へのポイント」を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報公開制度のもつ意味
  • 2 条例の現状と課題
  • 3 救済手続
  • 4 開示資料の活用(公金支出をめぐって)
  • 5 良い情報公開条例のポイント-モデル情報公開条例案の提示
  • 6 使い上手になって、情報公開制度を育てよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民のための情報公開条例 : つくり方・使い方
著作者等 内田 正之
庫山 恒輔
書名ヨミ シミン ノ タメノ ジョウホウ コウカイ ジョウレイ : ツクリカタ ツカイカタ
出版元 自治体研究社
刊行年月 1999.10
版表示 改訂版.
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 488037296X
NCID BA44742761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20084416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想