ウィーンのユダヤ人 : 一九世紀末からホロコースト前夜まで

野村真理 著

19世紀末からホロコーストの前夜までウィーンのユダヤ人社会は、「しかし」から「しかし」へと、「こだわり」から「こだわり」へと揺れ続けた。ユダヤ人は、多民族国家ハプスブルクを礼讃しつつも、そこでの民族共存が幻想にすぎなかったことを知り、みずからユダヤ民族主義へと走りつつも、民族自決の限界と危険性を認識したのである。本書は、ウィーンのユダヤ人社会の体験に取り組んだ研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世紀末ウィーンのユダヤ人社会(世紀末ウィーンのユダヤ人社会
  • 反ユダヤ主義とオーストリア神話)
  • 第2部 第一次世界大戦とユダヤ人(ガリツィア・ユダヤ人難民
  • 戦間期オーストリアの反ユダヤ主義)
  • 第3部 戦間期ウィーンのユダヤ人社会(戦間期ウィーンのユダヤ人社会
  • 放浪のユダヤ人)
  • ホロコースト前夜
  • 補論 1848年3月前期ウィーンのユダヤ人社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィーンのユダヤ人 : 一九世紀末からホロコースト前夜まで
著作者等 野村 真理
書名ヨミ ウィーン ノ ユダヤジン : ジュウクセイキマツ カラ ホロコースト ゼンヤ マデ
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1999.12
ページ数 409, 46p
大きさ 23cm
ISBN 4275017889
NCID BA44735948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20029973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想