大学の授業

宇佐美寛 著

授業の目的は、授業の正しい秩序を教えることを含むべきものである。つまり、学生は、学校における授業のありかたを学ぶべきなのである。本書は著者自身がしてきた授業を素材にして、大学の授業の目的・内容・方法を論じたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「大学生の言語能力」
  • 第2章 「学生は読んでいない」
  • 第3章 定刻と遅刻
  • 第4章 おじぎ・着席・受講票
  • 第5章 講義をやめよう
  • 第6章 「貴族の義務」(noblesse oblige)
  • 第7章 リポートを課す
  • 第8章 リポートの評価と指導
  • 第9章 「課題図書」
  • 第10章 試験
  • 第11章 学生の感想
  • 第12章 "授業"に関わる大学運営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学の授業
著作者等 宇佐美 寛
書名ヨミ ダイガク ノ ジュギョウ
出版元 東信堂
刊行年月 1999.12
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 4887133448
NCID BA44688553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20025746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想