百萬人の身世打鈴 : 朝鮮人強制連行・強制労働の「恨」

「百萬人の身世打鈴」編集委員 編

七年におよぶ聴き取り調査-。あまたの証言が炙り出す日本と朝鮮半島。戦争と日本の強権による犠牲となった朝鮮全土から、連行され苦難をしいられた人々の人生と、魂の声をつむぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 かつて日本は朝鮮で何をしたのですか?-植民地支配下の朝鮮
  • 第2章 底辺を生きて-在日朝鮮人の生きざま
  • 第3章 わたしたちは地獄を見た-太平洋戦争下の強制連行・強制労働
  • 第4章 なぜわたしたちは提訴しているのか?-日本の戦後責任を問う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百萬人の身世打鈴 : 朝鮮人強制連行・強制労働の「恨」
著作者等 「百万人の身世打鈴」編集委員
「百萬人の身世打鈴」編集委員
書名ヨミ ヒャクマンニン ノ シンセタリョン : チョウセンジン キョウセイ レンコウ キョウセイ ロウドウ ノ ハン
出版元 東方
刊行年月 1999.12
ページ数 654p
大きさ 22cm
ISBN 4885916410
NCID BA44687120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20025390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想