天皇陵の近代史

外池昇 著

天皇・皇族などの墓地=陵墓は、風雲急を告げる幕末、尊攘の嵐の中で被葬者が決められていく。文久の修陵、神武天皇陵の創出、揺れ動く天武持統天皇陵、陵墓と村・崇りなど民衆との関係を探り、さまざまな問題に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文久の修陵
  • 神武天皇陵の創出と「浄・穢」の廟議
  • 村落と陵墓-山林と用水溜池
  • 陵墓と祟り-掘ってはならない塚・山・陵
  • 天武持統天皇陵の改定-陵墓比定の根拠
  • 県令たちの発掘-税所篤と楫取素彦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇陵の近代史
著作者等 外池 昇
書名ヨミ テンノウリョウ ノ キンダイシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 83
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.1
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4642054839
NCID BA44683899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20068822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想