ジッドの秘められた愛と性

山内昶 著

20世紀前半の世界文学を代表する文豪アンドレ・ジッド。のちにノーベル賞を受賞する彼には、新しい文学的地平の開拓者としてはもちろんのこと、植民地解放、反ファシズム闘争、スターリン批判の先駆者としての三つの顔がある。だが、同時に性解放の先覚者であったことはあまりよく知られていない。社会の通念が勝手に決めた異性愛、同性愛という狭苦しい枠組をのりこえ、性の境界を侵犯するジッド。しかも、女性と美少年を愛しながら、同時にその両方を恐怖するという例はきわめて稀だ。文豪の知られざる愛と性の生涯を通して探究する摩訶不思議なセクシュアリティの人類学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 キューピッドのいたずら
  • 1章 オナンの末裔-止められないマスターベーション
  • 2章 オシリスの恐怖-ママ、僕のおちんちんをちょん切らないで
  • 3章 メドウサの眼-好きなのにセックスできない
  • 4章 コリドンの後胤-ホモは自然である
  • 5章 キューピッドの世界-男大好き、女大好き
  • 終章 新しいスパルタを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジッドの秘められた愛と性
著作者等 山内 昶
書名ヨミ ジッド ノ ヒメラレタ アイ ト セイ
書名別名 Jiddo no himerareta ai to sei
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.12
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480058273
NCID BA44677659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20029826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想