たのしくできるPIC電子工作

後閑哲也 著

PICというちっぽけなコンピュータICが日本に紹介されだしたのは、1995年の頃ですから、まだ最近のことです。しかし、開発元の米国マイクロチップテクノロジー社は、1989年にゼネラルインスツルメント社から分離独立してすでにPICを市場に供給していました。世界市場では100億個以上が使われているといわれています。なぜか、日本市場への紹介が遅れましたが、最近あちこちで使われている製品を見かけるようになってきました。本書は、この小さなコンピュータを徹底的に遊びに使おうという主旨で書かれています。それは、このPICが簡単なアーキテクチャで初めての人にも理解しやすいことと、1個のICの中に必要なものがすべて内蔵されていて、何と言っても安価であることから、おもちゃにして遊ぶにはもってこいだからです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 PICって?
  • 2 PICの使い方
  • 3 まず動かしてみよう
  • 4 電子ルーレットゲーム
  • 5 光線銃による早撃ちゲーム
  • 6 超音波距離計
  • 7 リモコン月面走行車
  • 8 周波数カウンタ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たのしくできるPIC電子工作
著作者等 後閑 哲也
書名ヨミ タノシク デキル PIC デンシ コウサク
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 1999.11
ページ数 190p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (8cm)
ISBN 4501320508
NCID BA44652272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20037104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想